c'est pour cela que それ故に。

最近は友達と転職の話を頻繁にしている。
会社への通勤の際もフランス語なので、差し支え無いと
思って話している。昨日も帰りの電車で就職面接の
練習をしていた。

その中で出てきたのが C'est pour cela que j'aimerais
travailler pour votre compagnie.というフレーズだ。
志望動機を述べる際に締めの一言に使えると思う。
”それ故に御社で働きたいです”みたいな感じで使用する。
英語でいうthat's whyみたいな感じであると思う。
しかしながら、特に受けたい会社が無いので見つかったら
このフレーズを使おうと思う。

次に会話の中で出てきたのが序数の話。転職の面接の際に
うちの会社は何社目ですかって聞かれた時に4番目とかを言うのは
簡単だけど正しく書くことになったら綴りが難しいというテーマになった。
確かに、序数は基数と比べると書く事があまり無い気がする。

私の記憶からすべて消えていたので復習をしてみた。難しかったのは
4、7、9、11、12、21番目あたり。こんなに転職をする事はなかなかないかと
思うが、備忘録として記しておこうと思う。序数の作り方は基数(cardinaux)
プラスièmeなのだが下記が、私が難しいなと思ったものである。

4. quatre quatrième;基数のeを取ってième
7. sept septième;7って基数にpが入っている
9. neuf neuvième;fをvに変えてième
11. onze onzième;基数のeを取ってième
12. douze douzième;基数のeを取ってième
21. vingt et un vingt et unième;何だこれ。

21はunième。unièmeって何だ思う。しかも22からは
tireを付けてvingt-deux。何だこれ。フランス語文法はスペイン語文法と
比べるとシンプルだなって思うのだが、こういった所でいつも躓く。
やはり基本が大切だなと気付かされた通勤電車でした。

本日の単語
vendre:売る
une vente:販売
Je vends des pommes.私はりんごを売ります。
Mon travaille est la vente des pommes.私の仕事はりんご販売です。
販売って名詞には動詞にあったdがなくなる。いつも間違える名詞。
ちなみにお腹はun ventre いつも間違える。

un four:オーブン
りんごの話をしていてアップルパイを家で作りたいが
オーブンが無いという話に出てきた。コンロはune plaque

acidulé(e):やや酸っぱい
これもりんごの話だが、父から選定落ちのりんごが
大量に送られてきたのでフランス人の友人にあげたのだが
cette pomme est aciduléeと言っていた。acideではないかと
言ってみたが酸っぱいのがこのりんごの本来の特性であるならば
acidulé(e)が正しいと思うと言っていた。本当なのだろうか。
フランス語のレッスンで聞いてみようと思う。

Mon père m'a envoyé les pommes qui ne sont pas conforme
à la qualité (couleur, taille, aspect...) pour la vente.
父は、私に販売基準を満たさないりんごを送った。

un aspect:外観
un verger:果樹園

faillir:危うくしそうになる
J'ai failli être en retarde. 
危うく遅刻するところだった。

surmonter qqc:qqcを乗り越える
就活の際に使用できるフレーズだと思うのだが
J’ai surmonté la grève problèm de notre produit
avec mes collègues ensemble.
私は製品の重大な品質問題を仲間とともに乗り越えた。
みたいに使えるのでは。 

vaincre qqc:乗り越える、打ち勝つ

faire de mon mieux:最善を尽くす
Je voudrais faire mon mieux dans votre compagne.

こんな感じの会話をした。

この記事へのコメント